- SUPER GUTS2を終えて -
SUPER GUTS2 2017 in 小川原湖、何ともいい響きです。

昨年、館山で開かれたGUTSの時には、次年度には小川原湖でというのは自分なりに決めていました。ただ、ゲストとして迎える講師のスケジュールに合わせたため、開催までに期間がなく、どうしてもバタバタ感が出てしまいました。
SUPER GUTS2に合わせて自艇製作の講座を開催し、あわよくば製作したQajaqのデビューを考えていましたが、なかなか思うようにならず1艇のみスキン完成で防水処理を残すところまでこぎつけました。それでも製作講座の情報発信をすることで、SUPER GUTS2への意識の高揚をだいぶみることが出来ました。これに触発されてか、QJ会員でQajaq製作に取り組みだした話も聞こえそれなりの結果が出たものだと思います。
今回は、SUPER GUTS2の開催される週をGUTSウイークと称して、メイキングに力を入れました。ワークショップを開き、これにも参加者がありそれなりの成果が出ました。 ここまで順調に進んでいると思いきや、ターナーたちの乗った飛行機にトラブルが発生し、予定の前入りが出来なくなりました。前入りした段階で色々と計画していたことが全部白紙になってしまい、エスコート役の魚住代表や伊東さんたちもだいぶやきもきしたようでご苦労様でした。
今回の講師として来てもらったターナー&シェリは「Kayak Way」として活躍し、ロール&メイキングにはうってつけの御仁たち。USA在住で世界中を飛び回っていますが、Qajaq USA最後の大物としての来日でした。
ロールに関してはシェリが担当し、3日間フルに動いてもらい収穫がありました。それに合わせたターナーを迎えてのギアのメンテナンスでしたが、本人の体調不良により場を設けることが出来ず不完全燃焼で終わってしまいました。それでも事前に問い合わせた事項が、帰り際ですが回答をもらえてどうにか形を得ることが出来ました。
今回の参加者は、SUPER GUTS2参加27名他2名、(自艇製作3名、ワークショップ1名を含む)となっており、国籍も日本、USA、中国(台湾)、ロシア、ハンガリーと多岐にわたっていました。
最後に参加された皆さん、来たくても来れなかった皆さん、つたない実行委員長を支えて動いてくれた実行委員の皆さん、本当にありがとうございました。このSUPER GUTS2が次に繋がるように祈念して締めの言葉とさせていただきます。なお、ターナーからの回答を載せておきますので各自参考にしてみてください。コチラをクリックしていただくとzipファイルをダウンロードできます。
SUPER GUTS2実行委員長 相馬孝


Topic


Qajaq JPN, の機関紙Vol.05 2015年:2016年合併号!
完成しました。⇒ コチラ

ちょっと興味深いサイトの案内を受けました。なかなか濃いので、よかったらご覧ください。
LIVET I GRØNLAND 1918-1964
Kayak hunting in Illorsuit, Greenland 1959

The links above are very interesting. They may be useful for you. I reccomend you to check them out. Thanks!


メンバー募集!

Qajaq JPN,では随時メンバーを募集しています。グリーンランドスタイルカヤッキングにご興味があればメンバー資格は充分です。スキルや経験は問題ありません。さぁ、いますぐコンタクト!

入会申込みや詳細についてははコチラ(qajaqjpn@gmail.com)までメールください。折り返しご連絡を差し上げます。また入会にあたって会則をご一読いただければと存じます。何卒よろしくお 願い致します。

Updates

20170316:機関紙"QJ Vol.05"完成!
20161015:クジラの捕り方
20160913:GUTS10th2016 事前受付終了
20160731:GUTS 記念Tシャツの予約開始
20160717:GUTS10th 2016 館山
20160611:笹川流れ合宿
20160625:続・転勤丸サーガ『転勤丸の帰還』
20160524:6 月の「笹川流れ合宿」詳細
20160429:ハンドうしろまえ
20160429:ビハインド ネックまえうしろ