Homeへ

海旅一座 館山興行 2015年1月31日、2月1日


海旅一座_2.jpg

洲澤さん率いる海旅一座の2015年1月31日、2月1日に開催された千葉・館山興行にQajaq JPN,有志でお手伝いしてきました。


fune00.jpg

この葦から


fune01.jpg

こんな舟をつくっちゃいました。

この舟は新舞子浜のG-Baseに保管中です。
かなり重く、大人4人でもつらい。
水を含むとさらに重くなり、大人6人でも辛いかも。
大人数集まれば進水したいですね。 


海旅一座_2015_800.jpg

 

この写真を見て、わくわくしない訳がありません。
 

トラディショナルスタイルを実践されている方々の生の声を聴ける、一緒の時間を共有できる、とても貴重な体験でした。
 

演者の方々の今後の活躍にも期待しています。
facebookでも情報発信されていますが、HPやブログのサイトをまとめました。


エスキモー猟師見習い:高沢進吾
 Arctic Town of Alaska 
 カイジュウノツカマエカタ

自然ガイド:鈴木克章
 ひるまのながれぼし 鈴木克章のシーカヤック日本一周の海旅

冒険家:石川 仁
 カムナ葦船プロジェクト

革舟大工:洲澤育範
 喜多風屋 El Coyote



東日本ブロック「ロール講習会&コンペ」結果報告(4:最終)

 風はやや収まったものの沖はまだウサギが飛んでいる。
しかし、ロールコンペは風裏の浜だ、心配はない。朝食後そうそうに移動した。
魚住代表からルール、得点の説明があり、競技順番を決めた。 
勿論、真打は最後にして、トップバッターはkoma.、次はkei.さん、やっくん、シンさん、最後はMK2さんとなった。
競技の結果は、前代表伊東さんの名言『The practice nevr betrays you』の通りで、
一位はシンさん、二位はkei.さん、三位はやっくん、四位はMK2.さん、五位はkoma.となった。 表彰は後にして、対岸で行われているという、”流鏑馬”を身にカヤックを漕いで渡った。
コンペの様子の写真やビデオは現在持ち合わせていないので、掲載はできませんが、Face Bookなどでご覧になれると思います。
掲載できる写真が見つかれば改めてここに掲載します。
次回のロール練習会とコンペを、北海道GUTSの前にでも開催できることを念じつつ、報告を終わります。

東日本ブロック「ロール講習会&コンペ」結果報告(3)

今回の参加者は予想よりも少なかったが、和気あいあい時は流れた。
午後の練習は、それぞれ思い思いの練習だったが、海ちゃんが「ストームロールをどうしても覚えたい!」との強い意志を示していました。「STORM ON」に連載記事を書いているのに、出来ないでは男が廃る!とでもお思いなのでしょう。
他にやっくんも、ストームロールに挑戦していました。
失礼な言い方になるが、海ちゃんが斯様に熱心だとは見直しました、疲れもあろうに休憩もせず、ひたすら練習メニューをこなしていました。

さて、風は相変わらず止まない、が今夜の会食をと決めた浜は風裏なので、そそくさとテーブル、コンロ、炭火など各自準備を急ぐ。 練習の時から熱心にカメラを向けおられた方が加わった、湘南カヌーレース実行委員の相田さんだ。
皆さんが一品を御準備されていたので、肴はたっぷりだった、中でも海ちゃんの味付けリブ焼き、鳥の丸焼きは逸品だった。レンジ奥様のブリ大根も、相田さんの各種刺身のヅケも。
楽しい時間は早く過ぎる、そうそうに、老骨は退散をさせてもらった。
さて、明日はコンペだ!

東日本ブロック「ロール講習会&コンペ」結果報告(2)

初日午前中のツアーは順調だった、が、・・・そろそろ、昼食までには戻ろうと小網代湾の奥から帰途に就いた、湾の外は大きなナブラが湧いていた、エイジュさんは早速トローリングの仕掛けを取り出し、ナブラへ向かった。
「戻る先は判りますねぇ、・・・」、「はい、判ります。」と答えて湾を出ようとした、湾の外はナブラだけでなく猛烈な向かい風、「こりゃ、しょうがない、」全く進まない訳ではないから時間をかけるしかないと覚悟の上で、力をセーブして風上に向かった。
久しぶりの荒れた海だ、舟が木の葉のように翻弄されるのも楽しい、ま、岸ベタだから何とでもなる、よそ者は私だけ、他の方々に心配をかけるのが申し訳ないだけだ、さいわい老骨の私が先頭だから心配かけないように漕ごう。  やがて、エイジュさんが追い付いて来て、「避難しましょう、」と目先の港を指示して、また後ろへ戻った。レンジさんが腰痛で辛いらしい。
港は完璧な風裏、レンジさんを暫し待って上陸した。
港から出艇場所の磯までは目と鼻の先、300m位だった、舟を運ぶ身にはこの距離は嬉しかった。
出前の昼食を皆で摂って、さて、この風ではテントもましてタープも無理だとの判断で先ほどの港の片隅の小さな砂浜へ移動を決めた。
さ、午後はロール練習会、明日のコンペの事もあるからと場所探し、結局は港を越えて反対側の小さな砂浜に移動して、暫し練習することにした。 




地主 エイジュさん P5242351.JPG


雄姿レンジさん、 P5242348.jpg

東日本ブロック「ロール講習会&コンペ」結果報告(1)

 少々遅れましたが、題記「東日本ブロックロール講習会&コンペ」の報告です。
先ず、第一報は初日の様子から、・・・。
24日7時過ぎ,現地「諸磯」では、シンさんご夫妻がカヤックを車から降ろしていました、磯に視線をやると渚には既に二艇のカヤックが浮いていました。keiさん、やっくんのお二人が手を振ってくれました。更にキャンプ予定地にはペグと白テープで陣取りも済んでいました、kei
さん、やっくん有難うございました。暫くして海ちゃん、エイジュさんご到着、間を置いてレンジさんご夫妻も、更に遅れて魚住代表もご到着、・・・。
早速、エイジュさんのご案内でミニツアーに出かけた、先ずは目の前の堤防トンネル!
堤防の片側がトンネルになっている珍しい構造です。波消しの効果もあるのかな?
そこからは、四名だけで先の小網代湾へ、午後からは風が強くなるとの予報も気になるが、とりあえずは見たいものが先! 
湾内は湖のように凪いで居た、高級海浜別荘、ヨット、・・・流石は湘南三浦!外房との違いは景観だけではないようだ。


初日ツア5242338.JPG


名物トンネル-1 P5242339.JPG


名物トンネル-2 P5242342.JPG
ヨットハーバー P5242354.JPG


憧れの館 P5242352.JPG
Calendar
<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15